Embedded

Embedded

Skkynet ETK – リアルタイムIIoT 接続のための拡張可能なツールキット

 Skkynet ETK は、他のSDKとは相違したユニークなデータ構造と独自の拡張可能なフレームワーク設計により、データをプラントやクラウド上で統合します。ETKは安全に配慮されたシステム設計(Secure by design)により、ファイアウォールにインバウンドポートを開けることや、VPNや追加のセキュリティのハードウェアを使用することなく、低遅延で高速および大量のデータ接続をサポートします。

ETKは複数のクライアントやサーバ間や多数のデータソースとユーザー間のリアルタイムデータ通信を提供します。既にインストールされたModbus、トンネリング、OPC UAオプションの利用により、迅速にプラント内やクラウドへの接続が設定できるほかに、SDKパラメータを使用して、追加の産業用やカスタムプロトコルを構築することができます。

  • OPC UAを知らない方でも、ETKに事前に統合されたOPC UAサーバ機能を利用できます。
  • Modbus TCPスレーブ、DataHub、 SkkyHub を接続しリアルタイムの監視と制御が可能です。
  • ユニークなアプリケーションのフレームワーク設計により、異種データプロトコルを単一のデータセットに統一できます。
  • 容易に実装できるパッケージは、複数のクライアントとサーバー接続をサポートしているので、ゲートウェアは必要としません。
  • イベント駆動とマルチスレッドでセンサー統合が容易です。
  • IPV6、SSL、Webソケット、OPC UAや組み込みスクリプト言語のオプションのサポートにより、ご使用のアプリケーションやリソースをEDKと組み合わせることができます。
  • 事実上すべてのCPU上のLinux, uClinux, TreadXやTRONホスト上で稼働し、また 浮動小数点またはMMUサポートなどリソース制限があるMPUでも稼働します。

スマートな接続 – 安全に配慮されたシステム設計( Secure by Design)

安全に  クラウドへのアウトバウンド接続は、ファイアウォールのポートを閉じたままにし、VPNを必要としません。データ通信は、双方向、低レイテンシ、SSLを使用した暗号化が可能で、インテリジェントなゲートウェイ、プロトコル変換、ロジックコントローラー(PLCs)、遠隔IOユニット、ネットワークインテリジェントエンドポイントをお探しの方々にはSkkynet ETKは最適です。搭載されたSSLライブラリーはデータの暗号化を提供します。どのデータをどのように送信するかを決定し、一方向や双方向、複数のクライアントとサーバ間をフォワードプロキシやリバースプロキシを介して送受信します。

高速に ETKは1秒間に最大10,000回のデータ変更を受信、統合、再送信をすることが可能です。またインターネットのレイテンシもわずか数ミリ秒単位で計測され、データフローは一方向や双方向に構成可能です。

柔軟に   DataHub と SkkyHub 製品は、複数の同時接続をサポートしているので、世界各地のデバイス間で完全に統合されたリアルタイムM2M通信が可能です。

接続テスト  ETKは下記のデバイスに実装され接続テストされています。Renesas Synergy and RZ/N1, Red Lion devices, Raspberry Pi, Armadillo, mbed, Arduino, GR-Sakura, and ARCNET boards running Linux or TRON, as well as Lantronix XPort, WinPort, MatchPort, WiPort, PremierWave, その他

エンドツーエンドに  ETKは DataHub や SkkyHub  製品と連携し、完全なエンドツーエンドの開発プラットフォームをご提供します。SkkyHub製品は、多種デバイスからのライブデータをチャート、トレンド、ゲージ、その他のコントロールに表示するウェブベースのHMIが構成可能なWebView®機能とSCADAシステムへのリアルタイム完全統合が含まれ、DataHub製品は、SCADAシステムへのリアルタイム完全統合を実現します。

.

Industrial SaaSへの良いアプローチは何ですか?