SkkyHub™ FAQ

SkkyHubとは?

SkkynetのSkkyHub™はシステム、デバイス、Webブラウザ間を安全で高速な通信技術でリアルタイムデータを連携するソフトウェアや高速なデータ通信を提供するサブスクリプションサービス(加入サービス)です。

SkkyHubを使用することで、産業システムと組込みシステムは、世界の何処からでもライブデータをリアルタイムで安全性の高いネットワークで連携します。このサービスにより、双方向の監視制御、複数のユーザーとのデータの統合および共有、およびWebブラウザで選択されたデータセットへのリアルタイムアクセスが可能になります。またネットワーク遅延を踏まえても、1秒間に10,000以上のデータ変更を処理することが可能です。

安全を考慮した設計により、SkkyHubは、No VPN、ファイアウォールに不要なポートを開けず、特別なプログラムや余分なハードウェアは使用しません。

SkkyHubの価格は?

弊社では30日間のリスクフリー(risk-free 30-day trial)をご提供しております。またお客様の使用方法にあったサービスレベル(subscription service levels)をご用意しております。SkkyHub™サービスタイプはデータ処理能力data throughputに応じて価格設定せれております。使用状況は毎日(24時間)ベースで計算され月額料金で請求されます。例えば、その月の20日間のBasiceサービスと10日間のStandardで設定されたアカウントは20日と10日の各サービスの料金で請求されます。

リスクフリー( risk-free 30-day trial)とは?

皆様にお試しいただけるように、特別にBasicとStandardサービスを対象に最初の30日間をリスクフリー(risk-free 30-day trial)でご提供しております。お申込みから最初の30日間以内にキャンセルすればサービス料金は請求されません。お試し期間の後も継続してSkkyHubをご利用される場合は、試用期間中に使用されたサービスを含んだ料金が次の月に請求されます。30日間の試用期間の終了後にサービスをキャンセルすると、キャンセル後、未払いのサービスに対して請求されます。

”Risk-free”とは登録から30日以内のサービスをキャンセルすることができる特別提供を意味しております。この特別提供は、Professionalサービスへは対応しておりません。Professionaサービスに移行された時点で、このトライアル期間は終了いたします。

どのタイプのサービスを選んだら良いか?

Basicサービスタイプは小規模なアプリケーションやご評価されたい方々を対象としており、5データドメイン制限があります。またStandardやProfessionalサービスは生産システムやリモートデータアクセス、監視、制御システム、組込み機器のネットワーキングを目的とした方々を対象としております。適切なセービスタイプはお客様のニーズとスケールに合わせて選ぶことができます。サービスに関してのご質問等は、こちらからサービスタイプ または, お問い合わせ先

サスペンドアカウントとは?

管理ポータルでは、サービスを一時的に凍結する(Suspend Service)オプションがあります。 このオプションは、SkkyHubにデータをトンネリングすることやSkkyHub WebViewでデータにアクセスすることはできません。 引き続きアカウントを管理し、請求情報を表示することはできます。また、いつでもサービスを再開することができます。 サービスを一時凍結されたアカウントには、減額された月額料金で課金されます。

お申込みサイト?

お申込みはこちらのリンクからhttps://portal.skkynet.com/Account/Register.

詳細情報

詳細ドキュメントはこちらから