DHTP – The DataHub Transfer Protocol

DataHub Transfer Protocol (DHTP) は、 Cogent DataHubの製品またはサービスである、DataHub®, SkkyHub®, iBRESS Cloud, ETK の間をLANやWAN、インターネットを介してTCP経由でリアルタイムにデータを送受信させるための独自の通信プロトコルです。DHTP は、SSL や WebSocket をサポートしており、HTTP、HTTPS 通信を可能にしています。DHTPは、 DataHub APIまたはDataHubコマンドセットにて文章化されています。

DHTP connection examples

また、DataHubは、ODBC、OPC、Modbus などの一般的な工業用アプリケーションに使用されているプロトコルをサポートし、ETKは、OPC UAやModbusプロトコルをサポートしています。

DHTP – 接続例

DHTPは、次のような接続に使用されています。

  • DMZ経由 の LAN WAN のトンネリング – DataHub to DataHub
  • OT IT の接続、遠隔地へのデータアクセス – DataHub to SkkyHub or iBRESS Cloud
  • エッジ処理 と オンプレミス・サーバ の接続 – ETK to DataHub
  • クラウド へのダイレクト接続 – ETK to SkkyHub or iBRESS Cloud
  • カスタムプログラム の統合 – Application to DataHub

DHTP – 機能

SkkyHub® と DataHub® は、DHTP を使用して重要な IIoT機能 を提供します。

  • 低帯域幅 低遅延 : 最小帯域幅を消費し、可能な限り低遅延で機能します。
  • 拡張性 : 1から数千の相互接続されたデータソースおよびユーザーをサポートします。
  • リアルタイム性 : データ伝送に実質的に遅延を追加しません。
  • 合理的な過負荷時の処理 : ブローカー(DataHub®、SkkyHub®、iBRESS Cloud、ETK)は、データユーザが受信データ転送速度に追いつけない場合に適切に処理します。
  • サービス品質 : 各拠点におけるデータの整合性を確保します。

DHTP プロトコル – 特徴

DHTP通信 は、安全で堅牢な IIoTデータ通信 のために次のような特徴があります。

  • ファイアウォールを閉じる : データソース側とデータユーザ側の両方のすべてのファイアウォールのポートを閉じたままにします。
  •  相互運用可能なデータフォーマット :クライアントとサーバが互いのプロトコルを認識しなくても通信できるように、データをエンコードします。
  • デイジーチェーンサーバ接続 : 複数のブローカー(DataHub®、SkkyHub®、iBRESS Cloud、ETK)を接続して幅広いデータの収集と分配をサポートします。
  • 通信異常の転送 : どこのデータ経路が切断され、いつ回復したかを知ることができます。
  • シンプル : シンプルなメッセージ構文により、リソースが制限されているデバイスにも容易に実装が可能です。
  • ストリーミング通信 : メッセージは、連結および確認応答を介さずにストリーミングが可能です。このことにより、クライアントとサーバが非同期で通信できるため、待ち時間が短縮され、スループットが大幅に向上します。