DHTP connection examples

IIoTのための理想的なプロトコル – DHTPの開発

Industrial IoT(IIoT)の概念が普及して以来、人々はそれに対して理想のプロトコルを見つけようとしてきました。 結局、IIoTは新しいものです。「Internet of Things」 と同じように、インターネットを横切って走行するデータに関わっていることは明らかです。しかし、“Industrial”では、FTPやHTTPのような一般的インターネットプロトコルを超えるものが必要です。IIoTプロトコルとして最良の選択は、工業的要件とインターネット要件の両方を満たすよう設計されたものです。

Skkynetでは、DHTPというプロトコルを使用しています。—DHTP (DataHub Transfer Protocol) 20年前の創業以来, DataHub 技術は、リアルタイムにネットワークとインターネットを介して異種システムの接続に関わってきました。 90年代には、QNXリアルタイムオペレーティングシステムで実行されるプログラムとWindowsで実行されるInTouch HMI間でデータを交換する、Cascade Connectという製品を使用していました。 Cascade Connectは、DataHubの前駆体である2つのコネクタを使用しました。1つはQNX、もう1つはWindows上で実行されていました。 これらはそれぞれ、標準的な産業用プロトコルを使用して、それぞれのオペレーティングシステム上で動作するプログラムに接続され、ネットワークを介してTCPを使用して接続されました。 これらをTCPで接続するため使用したプロトコルは、現在、私たちがDHTPと呼んでいるものに進化しました。

オープンプロトコル

DHTPは当初からCogent APIにて公開されています。 その後のDataHub製品のCascade DataHubやGammaスクリプト言語、Cascade Historianなどは、Cogent APIを通じてアクセスが可能になりました。DataHub製品がOPC DataHub、そしてCogent DataHubへと発展するにつれて、より多くのコマンドが追加され、APIはWindowsで利用可能になりました。 現在、DHTPはDataHub APIDataHub コマンドセットで構成されています。

ニーズを満たす

この進化過程の個々のステップは、具体的なプロジェクトのニーズ対応で、工業的背景の中で起こりました。お客様がTCPを介してより堅牢で安全なデータ通信を要求したため、SSLなどの機能を追加することでDHTPの機能を改善しました。 OPCトンネリングアプリケーションのためのCogent DataHubよりも明らかな成功はありません。 DataHub DA TunnellerとDataHub UA Tunnellerは、OPCサーバーとクライアントをネットワークまたはインターネットを介して接続する他に類を見ない製品です。

クラウドと組み込み

クラウドを介して産業通信の価値を認識した最初の企業の1社として、Skkynetは、DataHubからSkkyHub への接続にWebSocket機能を使い、DHTPを強化しました。 ファイアウォールポートを開かずに、双方向通信のために産業システムからの安全なアウトバウンド接続をサポートするDHTP独自の特許取得済み機能は、Skkynetのセキュア・バイ・デザインアーキテクチャがキーになっています。数年後に組み込みシステム用に ETK を導入し、この構成図が完成しました。 DHTPは現在SkkynetのIIoT製品とサービスの3つのコアコンポーネントであるDataHub、SkkyHub、ETKで使用されている標準プロトコルです。
次回のブログでは、なぜDHTPがIIoTの理想的なプロトコルであるかを詳しく説明します。効果的なIIoTデータ通信challenging基準の概要を説明し、DHTPがそれらのすべてをどのように満たしているかを示します。 DHTPの詳細については、次の点に留意してください。 DHTPについて詳細、 IIoTプロトコルとしての成功は、工場通信とインターネット通信が絡み合う厳しい環境でどのように開発されたかに起因しています。